放射線治療と脱毛 放射線治療とは?

放射線によるがん治療とは?
放射線治療とはがんの3大療法の一つである「放射線治療」には複数の目的があります。
まずはその目的を正しく理解しましょう。

がん治療の「3大療法」は、手術、抗がん剤、放射線治療。
最近では、免疫療法という新しい考え方も出てきていますが、
病院で保険診療として受けられるのは上の3つ。

腫瘍を切除する手術や、薬でがん細胞を死滅させる抗がん剤治療に比べ
放射線治療は少しイメージがつきにくいのではないでしょうか。

がんにおける放射線治療には、以下のように複数の目的があります。

がんにおける放射線治療の目的

【放射線治療の3つの目的について】

・腫瘍を小さくするための放射線治療

放射線は細胞に対してさまざまな影響を及ぼします。
がん治療に使う場合は、がん細胞に対して強度の放射線を照射し、死滅させるのが目的。

もちろん正常の細胞にも影響を及ぼしてしまうので、照射方法には高い技術が必要です。
がん細胞を少しでも多く死滅させながら、正常細胞にはなるべくダメージを与えない方法へと
技術が進歩しています。

がん細胞の増大にともなって、正常な組織が圧迫されたり、消化管や血管が閉塞したり
といった症状が出ている場合、放射線治療は非常に有効。
手術に比べると体への負担が少なくて済むことも大きなメリットです。

・がん再発防止のための放射線治療

細胞は非常に小さなものなので、手術後も腫瘍切除部の周辺に顕微鏡で見ないとわからない
レベルでがん細胞が残ってしまう可能性があります。

特に、最近の乳がん手術では「乳房温存療法」という乳腺を全部切除しない方法が一般的。
このような場合には、切除した部分との境界線である乳腺の断端や、残存乳腺と言う
残った乳腺からの再発予防が重要になります。このときに役立つのが放射線治療です。

抗がん剤治療と組み合わされることも多いのですが、全身に薬剤の影響が出る抗がん剤と異なり
再発が懸念される部位だけにピンポイントで照射することができるので
全身への影響を抑えられるのもメリットです。

・痛みを軽くするための放射線治療

がんの症状の一つに頑固な痛みがあります。
腫瘍の増大、神経への浸潤、骨への転移など原因はいくつかありますが、その中でも特に骨への
転移による痛みは、放射線治療でかなり軽減することができます。

適切な鎮痛剤と放射線治療の併用で痛みをコントロールできれば、患者さんの生活の質は
劇的に改善します。痛みが緩和されることで、治療への意欲が湧いてくる場合もあります。

放射線治療の期間・費用の目安
患者さんの病状や状態によって異なりますが、放射線治療はだいたい
4~6週間に渡って行われます。月曜日から金曜日で5回。

週末はお休みして翌週も同様に行うというサイクルで
合計20~30回の照射になることが多いです。

一般的に行われる放射線治療については、健康保険が適用されます。
しかし、中には自己負担額が高額なものも。


たとえば、放射線治療の一種である重粒子線治療は、厚生労働省から「先進医療」として認められていますが
技術料の自己負担分として約300万円かかります。

近年では、こういった保険診療以外の医療費もカバーする民間の医療保険も発売され
万一の時に備えられる仕組みも整いつつあります。

放射線治療中の副作用
抗がん治療と異なり、放射線が照射された部位のみに
副作用が出るのが特徴です。

放射線は腫瘍本体や転移した病巣、また、再発や残存が
予想される部位に照射します。

ただ病巣の周囲には必ず正常な組織もあるので、それらも影響を受け
皮膚炎や脱毛などの症状が起きることがあります。


これらの症状は放射線治療後に自然に落ち着いてきますが、代表的なものは以下の通りです。

■放射線性皮膚炎
放射線を照射した部位の皮膚が軽いやけどのような状態になります。
皮膚に赤みが出たり、かさつきやかゆみが見られたりする他、回数によっては
色素沈着が見られるケースもあります。

対策としては、氷嚢などで冷やしたり、抗炎症作用のある軟膏を使用したりします。
また、皮膚の表面の炎症がひどくなり、浸出液が見られるような「びらん」になってしまった場合
洗浄した上でドレッシングという専用の保護材で皮膚を覆う必要があることもあります。

■脱毛
頭部に放射線を照射した場合、脱毛も見られます。
頭部以外に照射して脱毛が起きることはありませんが、現在では放射線治療と化学療法を同時に
行うことも多いため放射線治療中に化学療法による脱毛が見られることもあります。

■口や喉の乾燥(ドライマウス)
頸部や胸部への放射線治療では口腔や食道の粘膜が炎症を起こし、喉がいがっらぽくなるほか
しみたり痛んだりするために、食事を摂ることが難しくなることもあります。

また、唾液が出づらくなってドライマウスのような状態になることもあります。
口当たりの良いゼリーやお豆腐を使ったり、味付けをマイルドにしたりといった食事の工夫に加え
時間を決めてうがいをしたり、人工唾液を処方したりといったことで対応します。

■全身の倦怠感
何とも言えない全身の倦怠感が見られることもあります。
倦怠感がひどく食事が摂りづらい場合は、点滴などで水分や電解質の補充をすることもあります。
基本的には照射が終わると症状が自然に軽減していきます。

無料カタログお申し込みはこちらから

Copyright© 2013 医療用かつらの 未来生活 All Rights Reserved.