がんの治療で、抗がん剤が「効く」ということとは?

抗がん剤 効くの? 効かないの?

抗がん剤の効果 がん治療の際の、抗がん剤の効果についてですが
「効く」とか「効果がある」という言葉が使われます。
これらの言葉に、違いはあるのでしょうか。

また、「完治」という言葉もありますよね。

わかりやすい例でお話しします。


かぜや頭痛などのとき、市販のクスリを薬局へ買いに出かけます。
この時店員さんに、何と言いますか?

「風邪ぐすりをください」とか「頭痛に効く くすりがほしい」とか言いますよね。
この場合の「効く」は 、治るという意味で使います。

風邪が治る、頭痛が治ると言う意味です。
通常の「効く」の使い方は、「治る」という意味で使います。


がん治療でいう「効く」の意味というのは…

抗がん剤治療での「効く」は、治るという意味ではありません。
抗がん剤が効く イコール、がんが治ることとは違います。

たとえば、肺がんの治療をしている患者さんに 抗がん剤のイレッサを投与し、経過を診ます。
その後、さまざまな検査の結果やCT画像の検査でがん細胞が以前とくらべ、半分以下の大きさに
縮小していたとします。

この場合を、抗がん剤が「効いた」と表現します。
抗がん剤が効果をもたらしたということです。

このまま抗がん剤を投与し続け、しばらくのあいだ経過を診ましたが、再度検査をしたところ
がんの腫瘍は一旦 縮小に向かっていたが、再び大きくなっていました。
この場合、抗がん剤は「効いていない」とは言いません。

抗がん剤は、一時的でも縮小させた効果をもたらしましたので、効果があったと言うことで
抗がん剤は「効いた」ということです。
しかし、がんは治っていません。


抗がん剤治療における「効く」という言葉の意味は、通常の病気で使う時の「効く」という意味とは
かなり違った意味を持つことが おわかりいただけましたでしょうか?

通常で使う「治る」は、がん治療では「完治」といい、がん治療固有の言葉のように使われます。

Copyright© 2013 医療用かつらの 未来生活 All Rights Reserved.