がん治療で、抗がん剤を使うケースとは?

抗がん剤を使うのは、どんなとき?

がんの治療で、抗がん剤を使うときとは? がんが早期にみつかったときは、外科手術や内視鏡で
腫瘍を切除して、経過をみます。

また、小さながんであれば 放射線療法で治療します。
早期のがんや小さながんであれば、あまり抗がん剤を使いません。

抗がん剤を使うがん治療とは、どのようなケースでしょうか。



がんの治療で抗がん剤が使われるケースは、手術のような局所の治療では、がんを取り除くことができず
また他の臓器への転移が考えられる場合に行われます。
抗がん剤は、全身に効果を現すので、その必要があるときに行われます。

がん細胞は、細胞分裂がはやく 増殖してリンパや血液と一緒に全身に行き渡ります。
そしてあらゆる臓器へ転移します。

がん細胞はこの時がもっとも活発で、いいかえると 抗がん剤も、一番効果を現すときでもあります。
この時にがん治療では、抗がん剤を注射や点滴、または服用することで、一気にがん細胞を死滅させます。

この時の抗がん剤の効果は、すでに証明されていて、急性白血病や悪性リンパ腫、または小児がんなどでは
抗がん剤のみの投与で完治した症例があります。

その他では、乳がん、胃がん、前立腺がんにおいても、良い結果が報告されています。


ただ残念なことに効果があまり期待できないがんもあり、膀胱がん、すい臓がんがそれにあたります。
このがんは早期発見が難しく、進行がんになってから発見されるため 効果が薄いのです。

抗がん剤は外科手術が行われたあとで、補助的に治療に使われることがあります。

Copyright© 2013 医療用かつらの 未来生活 All Rights Reserved.