抗がん剤治療の副作用 吐き気があるときは

吐き気があるときはどうすればいいの?
吐き気・おう吐は、抗がん剤治療直後~5日間に もっともよくみられる副作用です。
高齢の方よりも若い方、男性より女性のほうが 吐き気・おう吐の副作用がおこりやすいといわれています。

抗がん剤の種類や投与量によって程度にちがいがありますが、ほとんどの抗がん剤でおこる症状です。

吐き気・おう吐は、おこる時期によって急性・遅発性・予測性の3つに分類され、
それぞれのタイプによって対策がちがってきます。

吐き気・おう吐は、患者さんにとってつらい副作用ですが、吐き気止めの薬をつかうことで
かなり軽減できるようになってきています。


吐き気・おう吐の発現時期とその対策


 急性の吐き気・おう吐  抗がん剤投与開始から24時間後までにあらわれます。
 対策:5-HT3受容体拮抗薬(カイトリル、ナゼア)と
 デキサメタゾン(デカドロン)
 遅発性の吐き気・おう吐  投与24~48時間後からはじまり、2~5日ほど続きます
 (急性のおう吐を経験した人ほど出やすいとされています)
 対策:D2受容体拮抗薬(ドンペリドン、ナウゼリンなど)
 メトクロプラミド(プリンペラン)、デキサメタゾン(デカドロン)
 予測性の吐き気・おう吐  前回の抗がん剤治療で強い吐き気・おう吐を経験した場合、当時の
 苦痛の記憶から不安がかきたてられておこります
 (抗がん剤投与の前から吐き気がおこることもあります)
 対策:ロラゼパム(ワイパックス)、アルプラゾラム(ソラナックス)
 などの抗不安薬

抗がん剤の治療に、吐き気・おう吐はつきもので がまんするしかないと思いがちですが、
長引く吐き気・おう吐は脱水症状をおこし、治療を中止しなければないらないケースもでできます。

まずは、無理やがまんをしないで、急性の吐き気・おう吐を予防することが大切です。

そのためにも、予防薬を使うこととともに、患者さん自身もセルフケアを行うことで
より症状をコントロールしやすくなります。


セルフケアのポイント
●抗がん剤治療をうける日の食事は量を少なめに。
 また、胃に長くとどまる脂肪性食品の摂取はさけ、食事はゆっくり よく噛んで摂ります。
 胃に入る量を少なくし、消化を助けることができます。

●からだを締めつけるような衣類はさけましょう。

●音楽を聞いたりして、リラックスを心がけましょう。

●けっしてがまんせずに、処方されている吐き気どめがあれば、服用しましょう。

●吐き気だけの場合は、無理に水分をとる必要はありませんが、おう吐が激しいときは
 脱水症状をおこさないよう、果物のジュース・野菜ジュース・スポーツドリンクなどを
 意識してとるようにしましょう。

●食べ物は、食べられそうなものを、食べたいと思ったときに食べてみましょう。
 アイスクリーム・ゼリー・プリン・ヨーグルトなど、冷たくてつるつるしたものが食べやすいようです。
 また、栄養バランスが気になるようであれば、栄養補助食品を利用してもよいです。


吐き気・おう吐の症状が改善しないときは・・・
このようなセルフケアや吐き気どめの薬を使用しても、吐き気・おう吐の症状が改善しないときは、
抗がん剤治療による副作用以外の原因があるかもしれません。

また、おう吐が続き、水分がとれないようでしたら、はやめにお医者さんに相談することをおすすめします。

Copyright© 2013 医療用かつらの 未来生活 All Rights Reserved.