抗がん剤治療の副作用 味やにおいについて

抗がん剤の治療中は、味やにおいが感じにくくなることがあります。
味覚低下と嗅覚低下について わけておはなしします。


抗がん剤治療による 味覚低下
人間の細胞は、時間とともに分裂し増殖します。
抗がん剤の多くは この分裂スピートのはやい細胞を攻撃することで効果を発揮します。
ですから、分裂スピートのはやい細胞 = がん細胞 を殺すことができます。

しかし、がん細胞だけではなく、正常細胞も同時に攻撃してしまいます。
味覚を感じる細胞(味細胞)は、わりと分裂がはやいため 抗がん剤の影響うけやすく
味を感じにくくなることがあります。

また、味細胞の感覚を脳へ伝える神経への影響・唾液が少なくなることによる
口腔乾燥・口内炎・栄養不良も関係します。

さいきんでは体内の微量元素量と味覚の関連が解明されていて、抗がん剤治療で 亜鉛の量が低下して
味覚障害をきたす可能性も考えられています。

抗がん剤治療をうけていらっしゃる患者さんは、体調を整えなくてはいけません。
食事は、そのための重要な栄養源になります。
栄養不足による体調不良は、がん治療にも影響しますので 注意が必要です。

味覚の改善には、まず口腔内の清潔が重要です。
舌や粘膜に細菌やカビによる苔がつくと、味覚細胞の働きがおちるだけでなく、味の物質が
味細胞までとどかず 味を感じにくくなります。

歯みがき・うがいをこまめにおこなってください。
口内炎のある方・舌に白い苔がついているかたは、消炎剤やカビの薬を使うこともできます。

もともと口が渇きやすい方や、口の中や首に放射線治療をうけている方は、唾液の量が
少なくなっていることがあります。
口の渇きは味細胞の働きを弱めるだけでなく、口内炎や感染の原因にもなります。

こまめに水分をとったり、ガムをかむことで唾液腺を刺激するのもひとつの方法です。
口内保湿ジェル(オーラルバランス)も効果的です。
レモン水でのうがいは、唾液分泌をよくするだけでなく、味細胞のはたらきを回復させる効果があります。

抗がん剤はとくに塩味を鈍くすることが多いので、特別な塩分制限がなければ 一時的に
献立を濃い味付けに変えてみてもいいかもしれません。
口内炎で痛みを感じる方は、刺激の少ないものを選んでください。

薬剤による治療としては、ビタミンB12・代謝賦活剤(ATP製剤など)・亜鉛をふくむ医薬(プロマック)
などが試されています。


抗がん剤治療による 嗅覚低下
においを感じる鼻の嗅覚細胞も わりと分裂がはやいため、味細胞と同じ理由で
抗がん剤治療による影響をうけることがあります。

においを感じにくくなると、味にも影響してきます。
嗅細胞が傷ついた期間が長いと、嗅細胞は本来のはたらきを失い、もとの正常細胞に戻りにくくなります。

可能であれば、抗がん剤の中止・変更が望まれます。
ですが、変更した薬剤でも 嗅覚低下をきたす可能性もあり、腫瘍にたいする治療効果もふくめて
医師とよく相談して判断しなくてはいけません。

Copyright© 2013 医療用かつらの 未来生活 All Rights Reserved.