医療用ウィッグのつけ方と お手入れ方法

ウィッグのつけ方


帽子をかぶるように、あっという間につけられます。


1.自毛をネットでまとめます。

自毛がある場合は、ウィッグ専用ソフトネット(別売)を使い、自毛をネットの中にまとめます。自毛がない場合は、ネットを使用する必要はありません。
自毛をまとめます。




2.ウィッグをそっとのせます。

頭の中心にあわせ、前から後へ帽子のようにそっとのせます。
ウィッグをそっとのせます。




3.ウィッグをしっかりかぶります。

そのままウィッグをぐっと下に引き、えりあしまでしっかりかぶります。
ウィッグをしっかりかぶります。




4.ブラッシングをします。

必要があれば、髪の毛の流れにそって軽くブラッシングをします。目のあらいブラシをご使用ください。
ウィッグをしっかりかぶります。




5.手ぐしでスタイルを整えます

おさえつけず空気を入れるように、手ぐしでスタイルを整えて完成です。
ウィッグをしっかりかぶります。



初めての方でも簡単につけられます。

普段のお手入れ方法


毎日のお手入れで、ウィッグはおどろくほど長持ちします。
お手入れといっても、ウィッグをはずした時に 裏側の汗をふき取るだけです。
水かぬるま湯で かたく絞ったタオルを使い、やさしく拭いてください。

また、ブラッシングですが 目のこまかいコームのご使用は、髪のもつれや切れ毛の原因になります。
静電気を防止する効果もある 目のあらい金属製のブラシや動物毛のブラシをご使用ください。
ウィッグ専用ブラシを使えば、髪の痛みや静電気対策になります。



ウィッグのシャンプー方法

Step1 シャンプーを溶かします。

シャンプーを適量、水か ぬるま湯に溶かします。
熱いお湯は 絶対に使用しないでください。

Step2 やさしく押し洗いします。

5分~10分くらいの間ひたしておき、軽く押し洗いをします。
その後、流水でじゅうぶんにすすぎます。また、濡れた状態でのブラッシングは
カールがとれる原因になります。ご注意ください。

Step3 コンディショナーを溶かします。

コンディショナーを適量 水に溶かし、1分~2分位ウィッグをひたします

Step4 すすぎは不要です。

コンディショナーにひたしたあとの すすぎは不要です。
コンディショナーが残ることで、ウィッグに艶と潤いをあたえ
静電気の防止にもなります。

Step5 タオルで水分を取ります。

乾いたタオルで、やさしく包み込むように水分を取ります。

Step6 形をととのえて自然乾燥します。

指先でカールをなぞるような感覚で、ウィッグスタンドまたは
筒状のものにのせて自然乾燥させます。
ドライヤーでの乾燥や、直射日光での乾燥はさけてください。


無料カタログお申し込みはこちらから

Copyright© 2013 医療用かつらの 未来生活 All Rights Reserved.