抗がん剤治療前に知っておきたい脱毛の知識

脱毛が始まっても あわてないように ・・・

抗がん剤治療前に知っておきたい脱毛の知識
抗がん剤治療がはじまってから あわてないようにも、治療前から脱毛の
ことを知り心の準備をしておくことが大切です。
ここでは、抗がん剤治療の前にしておいたほうがいい脱毛対策に
ついてご紹介いたします。

髪の細胞は 頭皮に約10万個ほどあります。
その細胞の一つ一つが個々に発毛から脱毛までの周期を営んでいます。

ですから、普段は 一気に髪が生えるとか一気に抜ける
ということはありません。


約10万個の髪の細胞のうち、90%が2~6 年かけて成長していて あとの10%が抜けるまえの準備をし、
1日に約100本ほど自然に抜けていきます。
抗がん剤は、成長をしている90%の髪の細胞に影響をあたえるので、急激な脱毛がおこるのです。

抗がん剤治療がはじまる前、どんなことに気をつけたらいいだろうとか、どういう物を準備しておいたら
いいだろうと心配になることがあります。そこで、治療前の準備についてご紹介します。

治療前に気をつけること

・つめは短めに切りましょう!
髪を洗うときに、つめで頭皮を傷つけないようにするため 短めにしておくとよいです。

・パーマやヘアカラーはやめましょう!
パーマやカラーは刺激になります。治療が終わり、髪が生えてきたときに楽しみましょう。

・おしゃれ情報を集めましょう!
外見が変化するという 精神的なダメージをやわらげるため、ウィッグや帽子・バンダナなどの情報を
事前に集めましょう。


治療前に準備しておくと便利なもの

用意しておくと便利なおすすめグッズをリストアップしました。


 帽子  ウィッグの上にかぶれば、分け目などを気にせずにすみます。
 ケアキャップ  コットン100%の薄手の帽子。家の中にいる時や、寝る時にあると便利。
 ウイッグ(かつら)  時間的に余裕があり、体力も安定している治療前に準備をしておくと
 不安をやわらげることができます。
 粘着クリーナー  100円均一でも売っているあのコロコロです。抜け毛を集めるのに使います。
 うがい薬&マスク  治療中は白血球が減り、免疫力がさがるので 用意しておくとよいです。
 ハンドクリーム・綿手袋  副作用で肌がカサついたり、皮が剥けてしまうことがあります。
 低刺激のシャンプーや
 ボディシャンプー
 脱毛した頭皮は敏感になっているので、低刺激のシャンプーを使って
 ください。また 肌が弱くなることもあるので、ボディシャンプーや
 化粧水も低刺激なものに。
 ゼリー・プリン・アイス  吐き気や食欲がないときでも食べやすいので、ストックしておくとよい。

抗がん剤治療前に知っておきたい脱毛の知識


無料カタログお申し込みはこちらから

Copyright© 2013 医療用かつらの 未来生活 All Rights Reserved.