抗がん剤と脱毛の関係とは?

抗がん剤と脱毛の関係とは?

抗がん剤と脱毛の関係とは?
抗がん剤治療による脱毛は、抗がん剤の種類や 使う量、くすりの
組み合わせ、患者さんのお身体の状況などで違いがあり
一律なものではありません。

また、脱毛というと 髪の毛だけと思いがちですが、抗がん剤の
種類によっては、まゆ毛やまつ毛など全身の体毛に
影響することもあります。


残念ながら、いまのところは 抗がん剤による脱毛を防ぐ方法はありません。
ですが、抗がん剤の副作用は一時的なものなので、治療がおわって6ヶ月くらい(早い方では2~4ヶ月くらい
でまた生えてきます。

治療をはじめるまえに脱毛のことを知って、自分にできる準備をすることで不安をやわらげることができます。


脱毛がはじまると こんな症状が・・・


髪の毛  ・外傷を受けやすくなる。
 ・紫外線や寒さの刺激を受けやすくなる。
まゆ毛  ・汗が直接 目に入りやすくなる。
まつ毛  ・目にゴミが入りやすくなる。
 ・途中で切れて、チクチクとした痛みを感じることもある。
鼻毛  ・鼻からほこりが入りやすくなる。
 ・乾燥しやすくなる。
こころ  ・外見のイメージが変わるためショックを受ける
 ・外見が変化したことで、他人に がんだと知られる不安がでてくる。
脱毛がはじまると こんな症状が

おもな抗がん剤の種類と 脱毛の程度

抗がん剤の種類や 使う量によって、脱毛の程度は違ってきます。
また、同じくすりでも脱毛・発毛の程度やスピードには個人差があります。
下記の表では、脱毛がおこる程度を高度、中等度、軽度に分類しました。

脱毛の程度 一般名 ※1 商品名 ※2
高度  シクロホスファミド  エンドキサン
 イホスファミド  イホマイド
 ドキソルビシン  アドリアシン
 アムルビシン  カルセド
 パクリタキセル  タキソール
 パクリタキセル(アルブミン懸濁型)  アブラキサン
 ドセタキセル  タキソテール
 イリノテカン  トポテシン・カンプト
 エピルビシン  ファルモルビシン・エピルビシン
 エトポシド  ベプシド・ラステット
中等度  アクチノマイシンD  コスメゲン
 ブレオマイシン  ブレオ
 ビンクリスチン  オンコビン
 ビノレルビン  ナベルビン
 カルボプラチン  パラプラチン
 メトトレキサート  メソトレキセート
軽度  シスプラチン  シスプラチン・ブリプラチン・ランダ
 メルファラン  アルケラン
 フルオロウラシル  5-FU
 ゲムシタビン  ジェムザール
 テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤  ティーエスワン
 テガフール・ウラシル配合剤  ユーエフティ
※1:一般名は、薬の有効成分を示す名前 ※2:商品名は、製薬会社が医薬品を販売するときにつけた名前


無料カタログお申し込みはこちらから

Copyright© 2013 医療用かつらの 未来生活 All Rights Reserved.