抗がん剤治療中の注意点

どんなことに注意すればいいのでしょうか?

抗がん剤治療中は、肌がとてもデリケートで、傷つきやすい状態になっています。
普段の何気ない洗髪やドライヤーなども、剤治療中は気をつける必要があります。
ここでは、抗がん剤治療中に 特に気をつけてほしいケアについてご紹介します。

ヘアケアについてのアドバイス


 洗い方
 頭皮は清潔に
 ・シャンプーは刺激の少ない弱酸性のものを選びましょう。
 ・つめをたてず 指の腹で優しく洗うようにします。
 ・シャンプーが地肌に残らないように よく流しましょう。
 ・お湯はぬるま湯にしましょう。
 ・リンスやトリートメントは、毛先に少量つけます。
 乾かし方
 やさしく 
 ・ゴシゴシこするのではなく、水分を吸収させる感じで抑えるように拭きます。
 ・ドライヤーの使用はできるだけ控え、使用するときは低温・弱風または冷風がベスト。
 とかし方  ・脱毛中でも髪がもつれないようブラッシングは必要です。
 ・頭皮を刺激しないよう、やさしく・ゆっくり行います。
 ・ブラシは目が粗く、ピンの先が丸くなっているものを選ぶとよいです。


室内での工夫

医療用帽子(ケアキャップ) 室内での工夫
家のなかにいるときでも スカーフやバンダナ・ケアキャップを
かぶっていると、髪が床に落ちにくくなります。

また、就寝時にも睡眠を妨げないような ケアキャップを
かぶると 髪の毛が寝具につきにくくなります。

<医療用帽子 ケアキャップとは?>

やわらかい素材でできていて、室内の利用に最適です。
また、枕にあたるところの縫い目をなくしたり、汗の吸収や
伸縮性などの工夫がされています。


外出時の工夫

室内での工夫とは?
外出時にウィッグ(かつら)や帽子をかぶると、外見的なカバー
だけでなく、寒さによる刺激や紫外線から頭皮を保護することができます。

まつ毛がぬけている場合は、目にほこりなどが入るのをふせぐために
サングラスやメガネをかけるのも 1つの方法です。

また、脱毛しているときは 白や淡色系の色の服は抜け毛が目立ち
ますので、黒や濃い色の服装がおすすめです。

柄物のショールなどを使って さりげなく肩をカバーしたりする方法も
あるでしょう。

まつ毛による痛みを感じたら・・・


まつ毛の脱毛について まつ毛が途中で切れてしまい、チクチクするような痛みを感じた場合は、そのままにしておくと結膜炎などをおこす可能性もありますので痛みがつづくときは、眼科でみてもらうようにしましょう。


無料カタログお申し込みはこちらから

Copyright© 2013 医療用かつらの 未来生活 All Rights Reserved.